ここのところ教師の生徒の間で起きる暴力事件が続いています。

今回は、大阪市立中学校の教諭である尾松大義容疑者が、生徒への傷害容疑で逮捕されました。

このような事件は、状況を詳しく調べてから判断する必要があります。

まずは尾松大義容疑者について調べてみましょう。

スポンサーリンク

尾松大義容疑者のプロフィール経歴や画像

出典:NHKニュース

 

まずは、尾松大義容疑者について調べてみましょう。

尾松大義容疑者のプロフィールを簡単に紹介します。

名前:尾松大義

年齢:33歳

職業:中学校教諭

 

 

現在のところ、この尾松大義容疑者についての情報はほとんどありません。

また容疑者の段階であるため、起訴されていないので、写真が公になることもないでしょう。

しかしなぜ、今回尾松大義容疑者は生徒への傷害を起こしてしまったのでしょうか?

少し前にも、町田市の方で、同じように教師による暴行事件がありましたが、その時とちょっと似ているかもしれません。

では、今回の事件の詳細な流れを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

尾松大義容疑者が生徒への暴力を振るったのはなぜ?理由は?

 

教師が生徒に対して、暴力を振るうという事件が連続していますが、今回の理由や原因はなんだったのでしょうか?

尾松大義容疑者が今回生徒に対して暴力を振るったことは、決して行なってはいけないことです。
どんな理由があっても暴力によって、問題を解決しようとするのは間違っています。
しかし、この問題の経緯をきちんと調査してみると、理由がだんだんと見えてきます。
尾松大義容疑者と生徒の関係は、担任と生徒というものだったようです。
普段から尾松大義容疑者は、この生徒に対して怠惰な態度を改めるように注意していたようです。
しかし残念ながら、反省の態度が見られなかったため、立腹し平手打ちにしたり、首にのど輪のような形で首を締めたようです。

 

暴力の程度を見ても、かなり酷いものがあります。

しかし生徒の態度が非常に悪かったのではないかと思える節もありますね。

今回の件に関して、以下のような反応が見られています。

・生徒が悪くても手をあげたらアウト。
この部分で守って貰えない教師は可哀想だなとは思うけれど、
一方でイジメを解決出来ないどころか助長したり能力不足な教師も多い。
何をどう動いたら良い方向に進むのだろうね。
難しいね。

・いろいろと意見はあるかもしれませんが、体罰はいけないけど生徒にも絶対に非があると思う。

暴力は許されないことだが、生徒の方にも問題があったのだろうという意見がかなりたくさん見られますね。
しかし気になるのは、容疑者がこれまでにも生徒への暴力によって、2回懲戒処分を受けていることです。。
普段から怒りやすく、手が出やすい傾向もあったのかもしれませんね。
スポンサーリンク

尾松大義容疑者が勤める大阪市立の学校はどこ?名前は?

 

尾松大義容疑者が勤める中学校がどこにあるのかということも、かなり話題になっています。

報道では、大阪府立此花中学校と、直接報道しているところもあります。

その中には、NHKの報道もあります。

 

逮捕されたのは大阪市立此花中学校の教諭、尾松大義容疑者(33)で、警察によりますと、今月8日の授業中に、教室や廊下で中学1年の男子生徒の首を絞めたり投げ飛ばしたりして首に軽いけがをさせたとして傷害の疑いが持たれています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事