9月9日に東京発博多行の新幹線のぞみに乗車していた乗客が刃物を所持していたとして逮捕された。

刃物を持っていた人物は誰で、どんな名前なのか?なぜ刃物を所持していたのか、こうした疑問にお答えしています。

 

スポンサーリンク

新幹線のぞみ19号に刃物を所持した乗客が乗車

 

参照:ツイッター

 

9月9日のPM1:50ごろに、東京発博多行の新幹線のぞみ19号で大きな騒ぎがあった。

乗客の1人が刃物を持っていることが判明し、のぞみ19号が小倉駅に停車し、乗客を下ろすことになった。

小倉駅には、大勢の警察官が待機しており、刃物を所持している乗客を取り押さえる場面があった。

 

小倉駅に停車した時には、「車内に不審者がいるため、外に出てください」というアナウンスがされたようです。

 

自分がその時の新幹線のぞみに乗車していたとしたら本当に怖いですし、その当時には不審者がどのような人なのか分からないので、さらに不安が増してしまいますね。

今回の出来事で、新幹線のぞみ19号は11分遅れたということです。

しかし現在のところ、刃物を所持していた乗客によって傷つけられた人はいないようなので、ひと安心ですね。

 

共同通信によると、刃物男が車内で暴れたというような事もなかったということです。

 9日午後1時55分ごろ、走行中の東京発博多行き山陽新幹線のぞみ19号の車内で、刃物を持った男がいるのが見つかり、北九州市の小倉駅に停車した。指令からの通報を受けた福岡県警が小倉駅で男を降車させた。乗客にけがはなかった。

JR西日本によると、車内販売員が刃物を持った男を発見。車内で暴れるなどの行為はなかった。下り2本が最大11分遅れ、計約500人に影響した。

引用:共同通信

 

最近、こうした刃物を所持しているために、逮捕されるような事件が多くなってきているように感じます。

日本は比較的安全な国に含まれるものの、やはりこうした事件が増えてくると本当に心配になってきますね。

 

現場の状況はこちらです。

 

 

では刃物を所持していた乗客は誰で、名前はなんでしょうか?

 

刃物を所持して新幹線「のぞみ」に乗った乗客の名前や会社は?

 

まずは不審者がすぐに警察官によって取り押さえられたことが何よりの結果です。

こうした面で警察官の働きは本当に大きなもので、刃物を持っている人物に向かっていくのは本当に大変なことですね。

では刃物を所持していた人物について解説していきます。

現在、警察が確保した人物について特定を急いでいるようです。
現時点で分かっているのは、乗客は男性であるということですね。

名前:不明

性別:男性

住所:不明

職業:不明

この情報は、随時更新していくので、少々お待ち下さい。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事