無印良品の商品は、価格はそれほど高くなく品質も良いことから人気があります。

そんな無印良品のミニどら焼きにカビが発生したとして38,000点が自主回収となりました。

なぜミニどら焼きにカビが発生したのか調査しています。

 

スポンサーリンク

無印良品のミニどら焼きとは?

 

無印良品のほとんどの商品は、衣類や生活用品と思っておられる方も多いですが、意外とたくさんの食品も取り扱っています。

実際に購入したこともあるのですが、その食品もクオリティが高く、本当に美味しい商品がたくさんあります。

 

 

そんな商品の中に、今回38,000個の自主回収となった「ミニどら焼き」があります。

とっても小さなどら焼きで、見た目がとにかく可愛いのに、味は本格的などら焼きそのものです。

この見た目と味の本格的な感じのミスマッチが、ミニどら焼きの特徴です。

 

実際に購入した方の口コミを紹介します。

ミニというように二口で食べられる大きさです。お味もどら焼きそのものです。かわ(?)が

少し硬めかな。保存が効くので口寂しい時にドーゾ!!

小さくてかわいいどら焼きです。お弁当にちょこっと添えたりしています。

少ししか入っていませんが、美味しいです。小さいので、お弁当のおまけに付けると子供が喜びます。

プチっとサイズでちょくちょく手が出て食べてしまいます。コンビニ等に類似品がありますが、こちらの方が商品に安心感があるかも…

引用:レビュー

 

このように多くの方が、無印良品の「ミニどら焼き」を可愛くて美味しいと感じているようです。

特に、コンビニのミニどら焼きよりも、品質面で安全だと感じている方もいましたね。

 

こうした方にとっては、今回のミニどら焼きに「カビが発生」したというニュースは、かなり心配な情報だと思います。

 ミニどら焼きにカビが発生してしまった原因は?なぜカビが発生したのか?

 

現在、無印良品を運営している「良品計画」は、ミニどら焼きにカビが発生した原因について調査をしています。

分かり次第発表されることでしょう。

まずは、良品計画のプレス発表について見てみましょう。

 

参照:TBSNEWS

 

「ミニどら焼き」回収についてのお詫びとお知らせ

平素は、無印良品をご愛顧賜り誠にありがとうございます。

弊社が2018年6月15日から2018年9月11日まで販売いたしました「ミニどら焼き」の一部から、カビが発生したと思われる商品が見つかりました。つきましては、該当商品の自主回収をさせていただきます。

お客様のお手元に該当商品がございましたら、お召し上がりにならず、誠にお手数ですが、最寄りの無印良品店舗までお持ちいただくか、下記フリーダイヤルまでご連絡くださいますようお願いいたします。代金を返金させていただきます。

お客様には多大なご迷惑をおかけしますことを心からお詫び申し上げます。今後一層の品質管理の徹底を行い、再発防止に向けて取り組んでまいります。

何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

引用:無印良品プレス発表

 

この発表をみて、「えっ」と思われた方もいたと思います。

 

  • 2018年6月15日から9月11日までの間に販売したミニどら焼きって、もう3ヶ月前の商品も含まれているのでは・・・。
  • 食べてしまった・・・。

  

このように感じた方もいらっしゃるかもしれません。

現在は、カビが発生したことによって、健康被害が起きたという報告はないということなので、ひと安心です。

品質の高い「無印良品」だからこそ、今後徹底的に原因を探ってくれると思います。

  

無印良品の食品の中で、一番美味しいと思ったのは、カレーシリーズです。

正直海外で生活している時に、無印良品のカレーを食べて感動しました。

なかなか口に合う食事がなかったため、たくさんのカレーを買い込んで海外に出かけたのを覚えています。

 

正直、無印良品のカレーを使って海外で店を出そうか、本気で悩んだくらいですね。

だからこそ、今回のカビ発生に関する原因を早めに特定し、改善してくれるのを願っています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事