飲食店経営の岸井謙典容疑者(24)と上村洋平容疑者(25)と一緒に、女性を騙して風俗店にあっせんしていた、京都産業大学や同志社大学など、京都の6大学に通う学生大学生が逮捕されました。

関係した大学生は全部で20人はいるとされています。

この学生は誰なのか?名前は?学部は?

こうした内容を解説しています。

 

スポンサーリンク

犯行を主導した2人の男は岸井謙典容疑者と上村洋平容疑者

 

参照:MBS

 

京都産業大学や同志社大学など、京都の6大学に通う学生が、女性を騙して風俗店に斡旋していたとして、主犯格の男と一緒に逮捕されました。

報道によると、このグループに所属していたのは、全部で20人にもなるということです。

 

主犯格として逮捕されたのは、飲食店経営の岸井謙典容疑者(24)と上村洋平容疑者(25)です。

これらの男のしたことは、しっかりと償うことになるでしょう。

しかし、今回の被害にあった女性の数は非常に多くなっています。

 

これまでに260人の女性が、デリバリーヘルスに斡旋されているということです。

犯行の詳細を解説します。

 

スポンサーリンク

犯行はどのように行なわれたのか?

 

飲食店経営の岸井謙典容疑者(24)と上村洋平容疑者(25)が経営する飲食店「Luce」に大学生が、女性を誘い込みます。

おそらく20人ほどいる大学生は、女性をナンパして、容疑者たちが経営するバーまで誘導していたのでしょう。

 

そして女性が、飲食店で食事やお酒を飲んだ後、法外な金額を請求して、女性を追い込み、支払いができないなら風俗店を紹介するという方法を取っていました。

紹介した女性が稼いだ金額の15%が店にキックバックされるようになっていたようです。

非常に、悪質で、最初から騙すつもりでいたことがよく分かります。

 

2人の主犯格の男、岸井謙典容疑者(24)と上村洋平容疑者(25)だけではなく、協力していた大学生も、このカラクリを知っていながら協力していた可能性が非常に高いです。

上記の2人に加えて、3人の大学性もすでに逮捕されています。

その他の18人ほどの大学生は、今後、警察からの厳しい取り調べを受けることになります。

すでに逮捕されている大学生は、犯行に対し「間違いない」と容疑を認めています。

 

それに対し、岸井謙典容疑者(24)と上村洋平容疑者(25)は、犯行を否認しています。

本当にどうしようもない2人です。

 

しかし罪を認めたからと言って、多くの女性を騙し、傷つけた行為は許されることではありません。

大学の名前は「京都産業大学」「同志社大学」という情報がすでに出ていますが、大学生自身の名前は公開されていないため、ネット上でもかなり不満が出ています。 

スポンサーリンク

大学生の名前は?だれがあっせんに協力していたのか?

参照:京都新聞

今回の逮捕の容疑は、職業安定法違反(有害業務の紹介)です。

警察は、すでに20人という人数まで把握しているため、人物が特定されるのは時間の問題です。

 

しかし、残念なことに、現段階では大学生についての情報が分かっていません。

今後の情報をお待ちください。

 

しかし親に大学の学費を出してもらって、犯罪に加わるとは、ホントに残念です。

親御さんの気持ちを考えると、本当に胸がしめつけられます。

しっかりと反省し、反省を行動によって表し、被害者にきちんと謝罪するところから始めなければなりません!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事