セキュリティの高いマンションなどが増えてきているものの、女性への乱暴に関する事件がなくなることがありません。

会社員の小島季大という人物が、女性への乱暴によって逮捕されました。

小島季大とはどのような人物なのか?どうやって女性の家に入り込んだのか?写真などがあるのか解説しています。

 

スポンサーリンク

小島季大のプロフィール

 

名前:小島季大(コジマトシヒロ)

住所:不定

職業:会社員

余罪:あり

 

小島季大は、これまでにも何度が女性への暴行や住居侵入を繰り返していたとされています。

なんと今回の逮捕の理由は平成26510日に京都府中京区にあるマンションに侵入しただけではなく、当時大学院生だった女性を脅して乱暴したことです。

さらにその時に、女性が身に着けていた下着を奪い取って逃げていったと言われています。

 

この事件は今から4年前の事件になりますが、なぜこの事件が表沙汰になったのでしょうか?

それが201881日に、小島季大が別のマンションに侵入して、平成26年と同じことを行なって逮捕され、警察から余罪を調べられて発覚しました。

小島季大という人物は、本当に最低の行為をした男と言えるでしょう。

 

現在、残念ながら写真が公開されていないので、見つかり次第更新します。

 

今の法律で性犯罪を犯した人間を、その後の行動全てを把握するというのは難しいのかもしれません。

しかし女性が何度も同じような被害にあうのを避けるために、実際的な手段を講じるのは、決して間違っていることではないでしょう。

 

アメリカなどでは、犯人に対しGPSを取り付けるとことまでしますが、これは性犯罪の抑止力ともなるはずです。

罪を犯せば、当然その悪い結果を負うことは当然のことであり、被害者側だけが辛い思いをして生きていくのは間違っているでしょう。

 

今回は、2件の住居侵入と強制性交の容疑になりますが、この他にも十分余罪が考えられるので、警察には厳しく取り調べをしてもらいたいものです。

 

しかし疑問が残ります。なぜ小島季大はセキュリティがしっかりしているオートロックのマンションに入ることができたのでしょうか?

 

■オートロックマンションの問題

 

オートロックマンションは、一般的にセキュリティがしっかりしていると思われているかもしれません。

しかし絶対の信頼をおくのは非常に危険なことです。

マンションの住人とタイミングを合わせればセキュリティを突破することは可能ですし、宅急便を装うなら住人にオートロックを解除させることも可能です。

 

つまり油断をしてはいけないということです。

非常に残念な世の中ですが、やはり相手をすぐに信頼するのではなく、疑ってかかることが重要です。

特に若い女性には注意していただきたいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事