2019年1月17日に川崎市川崎区大島2丁目で、発砲事件が発生しました。

拳銃を発砲した犯人はだれなのか?現場の詳細な場所は?逮捕されたのか?

本当に暴力団関係の事件なのか?

こうした疑問に答える内容を解説しています。 

スポンサーリンク

川崎区大島2丁目の発表事件の犯人の名前や画像は?

 

 

日本で発砲事件が起きるというのは、本当に珍しいことなので、川崎区で起きたと聞いて驚いた方も多かったでしょう。

この事件は、2019117日午後825分ころに、発生した事件です。

現在のところ犯人に関する詳しい情報は入っていません。

 

怪我をしたのは、50代の男性ということです。

拳銃で撃たれたのか?

この点に関しては、幾人かの証言があるため、間違いはないでしょう。

 現場は同駅から南東に約1・8キロの幹線道路沿い。近くに住む40代の自営業男性は「車が金属板を踏んだような『バン、バン』という音が5回くらい聞こえた。まさか、発砲音だったとは」と驚いた様子。現場は自宅の目と鼻の先だけに「普段は治安がよく、近所でこんな事件が起きるなんて」と言葉少なだった。

引用:神奈川新聞

 

引き続き、犯人についての情報を調査していきます。

 しかし気になるのは、被害者ですね。 

スポンサーリンク

被害者はどんな人なのか?

 

現在、警察は、暴力団関係のトラブルではないかと考え、調べているようです。

その理由としては、拳銃を使用した事件であること。

拳銃自体を素人が入手するのは、難しいため、やはり暴力団関係の可能性が高いと言えます。

さらに被害者のコメントからも、暴力団のような印象を与えているようです。

 

被害者は、救急車によって搬送される時に、「やられた、やられた」というコメントを残しているということです。

通常、一般人が襲われて怪我をした時に、「やられた」という言葉を発する可能性はほとんどないでしょう。

 

やられたということは、攻撃を受ける可能性があったということを本人が自覚していたということにもなります。

ですから、やはり一般人が被害者という可能性は低くなったと言えるかもしれませんね。

 

続報:

川崎署によると、50代の男性と40代の女性がけがをし、男性は首に撃たれた痕があった。いずれも意識はあり、署は殺人未遂容疑で発砲した男の行方を追っている。撃たれた男性は暴力団関係者とみられる。

引用:共同通信

 

では現場は、川崎区のどこになるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

発砲事件が起きた場所はどこ?

 

川崎区に住む方にとっては、発砲事件が起きた現場の場所がどこにあるのか、気になることでしょう。

事件現場の写真はこちら

 

今回の発砲事件の現場は、おそらくこちらになるでしょう。

 

今回の発砲事件は、暴力団同士のトラブルである可能性が高いと思われます。

しかし、町中でこうした事件が起きるのは、本当に恐ろしいことです。

一般市民には関係のないことで、町を危険に晒すような行為は、許されることではありません。

逃げた犯人を、しっかりと逮捕して欲しいですし、近所の方は、引き続き安全には注意してください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事