処分内容の最新情報はこちら

6月6日に行われた「日本ツアー選手権森ビル杯」にて、プロゴルファーである片山晋呉選手が招待客への不適切な対応のために懲戒もしくは制裁処分を受けることが発表されました。
この大会はプロアマトーナメントであり、プロとアマチュアが一緒にプレーする大会です。
f409e36baecb55b58d0a26df85d23f8a_s.jpg
兼ねてから行動の面で苦情があったと言われている片山晋呉選手が、ついに懲戒や制裁処分を受けるようです。
では、なぜ今回片山晋呉選手は懲戒処分になったのでしょうか?

スポンサーリンク

片山晋呉選手が懲戒制裁処分になった気になる理由とは?

プロアマトーナメントに参加するプロ選手には、次のような規定があります。
日本ゴルフツアー機構であるJGTOはこのように説明しています。

プロアマトーナメントに出場する同伴アマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならない

日本ゴルフツアー機構

今回、片山晋呉選手が違反したのはこの規則と言われています。

実際JGTO会長である青木功会長は、次のように発表しています。

さて、去る5月30日に開催されました日本ゴルフツアー選手権森ビルカッププロアマ大会におきまして、参加されたご招待客が、片山晋呉プロの応対に対し不愉快な思いをされ、プレーの続行を断念されるという事態が生じました。
弊機構は、選手が守るべき準則として「プロアマトーナメント重要性に鑑み、プロアマトーナメントに出場する同伴アマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならないこと」を明記し、その違反を懲戒・制裁事由の1つと定めておりますので、今回の件は極めて深刻であると受け止めております。

参照:日刊スポーツ

では具体的にどのような不適切、不快感を与える対応を行ったのでしょうか?続いて説明します。

同伴アマチュアにした不適切であり不快感を与える対応とは?

JGTOの発表によると、現在当事者からの聞き取りを終えているとしています。
但し法律的な観点から、懲戒の理由については公には発表されていない状態になっています。

しかし関係者からの情報によって、正規ではないものの懲戒もしくは制裁の理由が明らかになってきています。

現在のところ、最も有力であるとされている関係者の話は、片山晋呉選手がラウンド中に同伴のアマチュアを放置して、自分の練習を行ったため、同伴のアマチュア選手が不快感を抱いたとされています
こうしたプロアマ大会では、プロがラウンド中に練習を行うことは珍しくないと言われています。

今回、なぜこれほど大きな問題になってしまったのかというと、現在のところ同伴アマチュアを放置する時間が非常に長かったということです。
片山選手の傾向として、練習に集中してしまうと他のことを忘れてしまうという事があるようです。

今回はこの癖が強く出てしまい、同伴者がかなり不快感を抱いたようです。
さらにラウンドに戻るように同伴者が促した時、片山選手は「前が詰まっているだろう」と、高圧的に言葉を発したとの事です。
同伴者のアマチュア選手は、ラウンドを途中で切り上げてしまったため、問題が非常に大きくなり、片山晋呉選手の懲戒問題にまで発展したようです。
JGTOは外部弁護士を入れて、詳細に調査することを発表しているため、今後の正確な情報が待たれます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事