最近日本でも銃撃事件が続いているように感じますが、今度は歌舞伎町で暴力団関係と思われる男性が銃撃されました。

今回の、銃撃事件の犯人の名前や、逮捕されたのか?事件現場がどこなのか?

こうした内容について解説しています。 

スポンサーリンク

新宿歌舞伎町で発生した銃撃事件とは? 

 

 

まずは事件の詳細について見てみましょう。

事件が発生したのは、121日午後6時くらいのことです。

新宿歌舞伎町にあるカラオケ店から、人が銃で撃たれたという通報がありました。

通報を受け取ったのは、警視庁新宿署です。

 

通報からすぐに、警察官が現場であるカラオケ店に向ったところ、カラオケ店の4階で60代の男性がすでに心肺停止状態だったということです。

現在、警察では、この死亡した男性は、住吉会系暴力団関係者と見て、身元確認を続けているようです。

今後、詳しい情報が出てくるでしょう。

 

犯人は、現在、逃走中ということなので、付近の方は引き続き安全にはご注意ください。

さて事件が発生したのは、歌舞伎町のカラオケ店ということで、たくさんの防犯カメラが設置されていました。

 

そのため、犯人の姿は、しっかりと防犯カメラに映っています。

犯人が逮捕されるのも時間の問題といえるでしょう。

犯行が行なわれたのは、カラオケ店の5階だったようです。こちらで銃弾が見つかっているようです。

撃たれた60代の男性は、その後4階まで逃げたものの、そこで心肺停止状態になったと思われます。

 事件が発生した場所について詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

歌舞伎町のどこで銃撃事件が起きたのか?

 

 

 

具体的な事件現場はこちらで間違いないでしょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事