ポケットモンスターのオーキド博士の声を担当した石塚運昇が13日に亡くなったと発表された。

石塚運昇さんは、オーキド博士以外にも多くのアニメキャラクターの声やナレーションを担当していたので、どのような役の声を担当していたのか解説します。

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険など有名な作品が多数

 

最近のアニメから振り返ってみると、次のような作品に出演し、素晴らしい声を披露してくれていた。

 

BANANA FISH(ディノ・F・ゴルツィネ役)

ONE PIECE エピソードオブ東の海 (コウシロウ役)

・ロクでなし魔術講師と禁忌教典(バークス=ブラウモン役)

・ポケットモンスター サン&ムーン(オーキド博士役、ナレーション)

・機動戦士ガンダムUC RE:0096(ヨンム・カークス、メラン役)

・ドラゴンボール超(ミスター・サタン)

・ONE PIECE “3D2Y”(黄猿 / ボルサリーノ)

・ジョジョの奇妙な冒険 (ジョセフ・ジョースター)

・トリコ(ダーニル・カーン)

・進撃の巨人(アニの父)

・アクエリオンEVOL(不動GEN

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(ヴァン・ホーエンハイム)

・図書館戦争(彦江光正)

NANA(ハチの父)

・はじめの一歩(宮田一郎の父)

・頭文字D(藤原文太)

・るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚(不二)

・キャプテン翼J(見上辰夫、岬の父)

 

ここには書ききれないような有名な役の声や貴重な脇役の声まで担当されていた。

この全てに代役が必要になるというのは、アニメ界にとって非常に大きな損失になると言える。

今後のオーキド役の声はだれになるのか?いつまで収録済み?

石塚運昇さんがなくなったことで、アニメの世界は大きな大きな打撃を受けることになった。

その中でもポケモンが受けた打撃は、計り知れないものがあるだろう。ちょうどドラえもんの主要声優が変更された時のような衝撃が走った。

石塚運昇さんが担当していたのは、アニメの中で肝心な役柄であるオーキド博士だったが、今後は他の声優が担当することになる。

 

石塚運昇さんがすでに収録している作品は、10月の第1週までと発表されている。

10月第2週の収録分からは、新しい声優さんが担当することになるが、現在誰が担当することになるのか正式には決まっていない。

さらにオーキド博士役だけではなく、アニメ中のナレーションも担当していた。

加えて、ポケモンのイベントが行われる時にも、オーキド博士役として出演していたので、実際に石塚運昇さんに会ったことのある子どもたちも多いことだろう。

 

石塚運昇さんの代役を行うということは、この全てを同時に行うことになるので、非常に大きな役割りだ。

今後、石塚運昇さんの代役が決まり次第、ご報告します。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事