飲酒に関する残念なニュースが本当に増えてきています。

今回、いわき海星高校で二等機関士の男性が、飲酒運転の末、事故を起こしてしまいました。この二等機関士(職員)の名前や乗船している福島丸の画像や映像を解説します。

 

スポンサーリンク

飲酒運転をしたいわき海星高校二等機関士の名前とは?

 

まずは飲酒運転に至った経緯を時系列に紹介します。

飲酒運転によって事故を起こしたいわき海星高校の男性職員(二等機関士)は、121日の夜から23時まで福島市内の居酒屋で生徒3人と一緒にお酒を飲んでいたようです。

 

まず生徒と飲酒を行なっていたという時点で大きな問題ですね。

今回事故に遭って、怪我をしたという生徒は、1人が16歳の男子生徒、もう1人が17歳の男子生徒となっています。

ですから職員と未成年の生徒が一緒にお酒を飲んでいたということになるわけです。

この時点で、ちょっとアウトですね。

 

23時まで居酒屋でお酒を飲んだあと、みんなで122日午前3時までカラオケに行ったようです。

まあ土曜日から日曜日にかけて休暇を一緒に過ごすのは悪いことではありませんが、やはり職員と生徒が午前3時までカラオケというのは、ちょっと逸脱している可能性が高いですね。

 

23時まで居酒屋で飲酒していたわけなので、体内にアルコールはしっかりと残っていたでしょう。

3時までカラオケをしてから、生徒を送るために、車で帰宅する予定だった時に、事故を起こしてしまったようです。

現時点で、いわき海星高校の職員である二等機関士の情報が以下のようになっています。

 

名前:現在不明

年齢:27歳

仕事:いわき海星高校職員(二等機関士)

容疑:自動車運転死傷処罰法違反と道路交通法違反

 

画像についても調べてみたものの、明確なものについては発見できませんでした。

しかしいくらかヒントになるような材料がありましたので、紹介します。

 

飲酒運転で事故を起こしたいわき海星高校二等機関士の画像や映像(福島丸)

 

参照:いわき海星高校

 

この人だ!という画像や映像はありませんが、二等機関士が乗っていたとされている福島丸は非常に有名な漁業実習船なので、画像や映像がたくさんあります。

 

上記の写真の中に、今回飲酒運転をして事故を起こしてしまった機関士の方がいるかは不明です。

番号が記載されており、IMO917870と書かれています。

下記の最新の「6代目福島丸」には、IMO9816139 と書かれているので、写真の方が少し古いのかもしれません。

しかし写真には、こうした一文が添付されています。

とても皮肉なことですね。

福島丸には約20名の乗組員が在籍しています。「安全航海」の合言葉のもと、生徒の実習を全員でサポートしています。

引用:いわき海星高校

 

海上での安全を守っておられるのであれば、路上でも同じようにしていただきたかったですね。

いくらかの映像をご紹介します。

 

 

個人的な感想としては、きっとこの職員の方は、生徒からも信頼されている方だったのだと思います。

是非はともかくとして、生徒から好かれていないなら、午前3時までカラオケに一緒にいることは考えられません。

しかし生徒に信頼されていた方であればこそ、法律をしっかりと守り、生徒にとって模範となる大人でいてほしかったですね。

ちょっとした気の緩みが、一生をダメにしてしまう例となってしまったのは、本当に残念でなりません。

もっとも生徒さんたちの命に別状なかったのが唯一の救いですね。

未成年との飲酒!

飲酒運転!

これは絶対に行なってはいけません。

飲酒してから乗る車は凶器であり、簡単に人の命を奪う可能性があることを忘れないようにしたいです。

きっと海上では、だれよりも安全に気を使っていた方だと思います。だからこそ残念でなりません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事