有権者からも人気の高い墨田区の福田はるみ区議に不倫騒動が起きました。

福田はるみ議員の経歴やプロフィール、不倫相手とされているお相手(B社長やA社長)の写真や名前などについても調べています。

しかし、清廉潔白というイメージだったので、かなり衝撃ですね。

 

スポンサーリンク

福田はるみ墨田区議会議員の経歴プロフィール

 

参照:FRIDAY

 

名前:福田はるみ

職業:墨田区議会議員

年齢:54歳

初当選:2007年

役職:区議会自民党幹事長

通称:美人区議

職歴:国際線CA

 

このように福田はるみ議員は、かなり素晴らしい経歴をお持ちの議員さんであることが分かります。

私生活では、離婚を経験しており、バツイチとして活動もしていたので、女性からの支持を受けていたようです。

そんな福田はるみ議員に、不倫騒動が起きているので、有権者は、かなり動揺していることでしょう。

 

これまでに12年間区政に多大の貢献をしており、所属政党である自民党からの信頼も厚い議員であるため、今後の去就がかなり気になるところですね。

では今回の不倫騒動についての詳細を見てみましょう。

 

福田はるみ議員の起こした不倫騒動の真相とは?

 

まずは、人物相関図を整理してみましょう。

 

登場人物は3人です。

 

  1. 福田はるみ議員
  2. A社長(警備会社経営)
  3. B社長(地元電器会社経営)

 

簡単に言えば、福田はるみ議員が二股をしていたという事になってしまうでしょう

さらに、福田はるみ議員が付き合っていたとされるA社長には妻も子供もいたということです。

では時系列に詳細を見ていきましょう。

 

1999年:福田区議が自身の父親を介してA社長に出会う(A社長には妻子あり)

2004年:福田議員とA社長が不倫関係になる(福田議員からアプローチ)

2007年:福田議員が墨田区議会議員に当選(不倫関係は継続中)

2015年:福田議員がB社長とも不倫していることが発覚(A社長が発見)

2017年:7月にB社長が妻と離婚

2018年:4月に福田はるみ区議とB社長が入籍

 

A社長が、福田議員のB社長との不倫を発見したことで、大きなトラブルに発展し、今回のことが明るみにでることになりました。

非常に、衝撃的なことは、議員に当選したときには、すでに不倫関係にあったということになります。

では詳細に見ていきましょう。

スポンサーリンク

福田はるみ区議の不倫騒動の真相とは?

 

福田はるみ区議の主張をまとめると次のようになります。

 

A社長と交際をしていた時、不倫関係になっていることは認識していた。

しかしAと社長とは結婚できるものとして交際していたが、それができないと分かり、B社長に相談していた。

相談しているうちにB社長とも恋人関係になり、交際がスタートし、A社長と不倫、B社長と不倫、A社長とB社長と二股、という恐ろしい相関図が出来上がったというわけです。

 

さて、A社長が福田議員に対して激怒しているのは、B社長との不倫というだけの話ではありません。

これまでAと社長は、福田議員に対して、月20万円のお手当、荒川区内に4,000万円のマンションをプレゼントしています。

A社長は、福田区議に対して、これまでのお手当1,600万円の返還を請求しており、福田区議が600万円分返済しきれなかったために、弁護士を通じた話し合いになっているということです。

 

ここからは個人的な感想になります。

福田議員は、今回の不倫騒動で、4月に行われる区議選に出馬しても、かなり厳しい結果になるでしょう。

2人の男性と同時に不倫をしており、それも長期間(A社長とは15年)で、区議としての任期はすべて不倫関係になったということになるでしょう。

さすがに、不倫騒動は何度も見てきましたが、ここまでのはあまりありません。

すでにB社長と入籍しているということですが、B社長が離婚する前から交際していた事実はなくなりません。

多かれ少なかれ、B社長の前妻との離婚に影響しているわけです。

不倫は法律上裁かれることではありません。しかし道徳というものが議員には求められるでしょう。

そのため有権者からの信頼を、もう一度取り戻すのは、かなり難しいと言わざるを得ないでしょう。

個人的には、不倫相手の家族の事を考えられないような人物に政治家が務まるとは思えません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事