兵庫県丹波篠山市の藤坂川が、真っ白になるという出来事が起きました。大きな川ではないものの、川全体が真っ白になった画像は、とても珍しく興味深い。なぜ藤坂川は白くなってしまったのか、白くなった川の画像と共に、原因について調べていきます。

 

兵庫県丹波篠山市の白い川の画像!

 

まずは白くなってしまった川の写真を確認しておきましょう。

出典:丹波新聞

 

本当に見事に川の色が白くなっています。それにしてもキレイな白い川が出来上がっていますよね。

もちろん自然界の現象としては、川の水が白くなることはないので、人為的な理由が考えられます。

 

そう言えば、以前にYoutubeで真っ白い風呂に入っているという映像を見たことがありました。お肌に良いという事で、真っ白のお風呂に入っていたようですが、その時の理由と同じなのかもしれませんね。

 

藤坂川が白く濁ってしまった理由とは?

 

先程のYoutubeでの映像では、お風呂に牛乳を入れて白くしていました。牛乳風呂はお肌にも効果が期待できるのではないかと言われているようですね。

ただし、ちょっと心配なのは牛乳を風呂に入れてしまうと、後でかなり臭くなってしまうのではないかということ。

むかし台所で、牛乳をこぼした記憶があるのですが、その時の匂いといったら、もう思い出したくないほどの臭さでした。

なんで牛乳は、あんなに臭くなるんでしょうか・・・。

 

牛乳が臭くなる理由とは?

 

牛乳をこぼしてしまい、雑巾や布で床を拭き取ってから放っておくと、この世のものとは思えないほどの匂いを放つようになります。ほとんどの方は一度は経験があるのではないでしょうか?

洗剤メーカーに質問した方もいるようですが、企業として「臭くなる理由」については調査をしたことはないという返答だったようです。

 

そこで消臭剤メーカーに質問したところ、納得できる説明がありました。

 

簡単に理由を説明すると、牛乳に含まれる栄養素によって微生物や雑菌が大量に繁殖し、臭気成分が生産されてしまうことです。

 

では牛乳がついた雑巾などを手洗いして干した後にも、匂いが出てくるのはなぜでしょうか?原因として考えられるのは、雑巾についていた牛乳がすべて取り除くことができていないという事です。

特に女性や子供の力では、絞った時に牛乳が残ってしまう可能性が高く、結果として雑菌や微生物の栄養となる牛乳の成分が雑巾に付着したままになるというわけです。

 

同じ理論は、腐った野菜や果物にも共通しています。腐った野菜や果物にも雑菌や微生物が付着しているものです。これが腐った野菜で大量に繁殖し、ニオイ成分を量産することで、強烈な臭い匂いを発生させる事になります。

ちなみに、腐った野菜の中で、最も臭いのは「たまねぎ」と言われています。

玉ねぎを腐らすのだけは避けましょう!!

 

藤坂川が白くなった理由とは

 

さて、本題に入っていきましょう。兵庫県丹波篠山市の藤坂川が白く濁ったのは、もうおわかりだと思いますが、牛乳が原因です。

川が白くなっているという通報を受けた、消防本部は市と県の担当職員に連絡をし、職員が確認したところ、牛乳を積んだトレーラーが横転していたということです。

 

出典:丹波新聞

 

トレーラーには、殺菌処理前の牛乳が17トン積まれていたという事なので、ほとんどが川に流れ込んだことになります。結果として1km先まで川の水が白く濁ってしまったわけです。

 

ここで気になってくるのは、環境への影響です。牛乳が流れ込むことで、川は汚染されないのでしょうか?川の魚が死んでしまうことはないのでしょうか?

調査の結果、下流で魚が死んでいるなどの現象を確認することはできなかったとされています。自然のものなので、川に流れ込んでも大きな影響はないという事になりますね。

ではそもそも、トレーラーはなぜ横転してしまったのでしょうか?

 

トレーラーが横転した理由とは?

 

田舎の道を走っていたトレーラーの運転手が、スピードを出しすぎたため横転してしまったわけではありません。

トレーラーの運転手が走っていたところ、鹿が飛び出してきたため、避けようとして横転してしまったようです。

 

個人的に経験があるのですが、動物が飛び出してくることは、よくありますよね。以前、奈良県を走っていた時、夜間の県道で急にシカが飛び出してきたことがありました。急ハンドルを切って避けましたが、事故を起こすことはありませんでした。

 

その他には、南アフリカの国道を走っていた時も、シカ系の動物が急に飛び出してきたり、ダチョウが出てきたりした事もありました。では動物が飛び出してきた時には、どのように対処するのが良いのでしょうか?

 

動物が飛び出してきた時の対処法

 

もちろん避けられるようなスピードで走っているのであれば、動物を避けてあげるのが最善です。しかし、スピードが出ている状態で動物が飛び出してくるのを避けようとすると、車には過度の負荷がかかり、今回のように横転してしまう事もあります。

最悪のケースとして、対向車線に飛び出したりして、大きな事故につながることもあります。

 

ですから、非常に残念ですが、ある保険会社の職員は次のような対処策を語っています。

 

「動物を避けて大きな被害を出すよりも、動物にぶつかる方が被害が少ない」

 

大前提として、法定速度内で走行し、動物を避けてあげることがベストですが、高速道路などの場合、避ける事自体が不可能という場合もあります。

その場合、急ハンドルによって被害を拡大させるのではなく、そのまま走る方が良いということでした。心は痛みますが、それでも他人を巻き込むような大きな事故にしてしまわないため、こうした決断をするのも仕方のないことなのかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、兵庫県丹波篠山市の藤坂川の川が、白くなったことについてまとめてみました。

白くなった理由は、単純に牛乳を積んでいたトレーラーが横転してしまい、牛乳が川に流れ込んでしまったことです。

現在のところ、環境にも被害がないということなので安心しました。

トレーラーが横転して理由は、飛び出してきたシカを避けるために、急ハンドルを切ったことです。シカを避けるために、大きな被害になってしまったことを考えると、やはり動物が飛び出してきた時の対処策を事前に決めておく事も大切です。

被害が最も少なくなる方法を選択したいものです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事