蓑島大平(岐阜県警加茂署の巡査長)がプールで痴漢をしたとして逮捕された。

警察官による不祥事が続くが、なぜ痴漢行為がバレたのか?痴漢が行われたプールはどこなのか?相手の女性は誰なのか?

こうした情報について解説します。

 

スポンサーリンク

蓑島大平の経歴やプロフィールとは?

 

蓑島大平巡査長についてのプロフィールを紹介します。

 

名前:蓑島大平(ミノシマ タイヘイ)

年齢:37歳

職業:警察官

勤務先:岐阜県警加茂署

階級:巡査長

現場:大阪市浪速区のレジャー施設

住所:岐阜県美濃加茂市蜂屋町中蜂屋

 

大阪市のレジャー施設で、蓑島大平容疑者が逮捕されたが、なぜ犯行がバレてしまったのだろうか?

きっかけは、プールの監視員の仕事だったようです。

プールの監視員が観察していたところ、1人の男性の怪しい動きを見つけたということです。

何度も、他のお客さんにぶつかったり、水中に潜っているのを発見したようですね。

 

それで監視員が観察していたところ、蓑島大平容疑者が女性に触っていることを確認したため、現行犯で逮捕したとのことです。

残念ながら、痴漢行為が起きてしまいましたが、このプールの監視員の方は、非常に有能なようですね。

例え、痴漢が起きても安心して通うことができそうです。

 

では大阪市浪速区のレジャー施設とはどこでしょうか?

 

 

痴漢行為が起きた場所はどこのレジャー施設なの?

 

大阪市浪速区にあるいくつかレジャー施設をさがしましたが、プールがあるところというと、1つしか見つかりませんでした。

はっきりと断定できるわけではありませんが、おそらくスパワールド 世界の大温泉である可能性が高いです。

 

こちらの施設には、世界11ヶ国16種類のお風呂が楽しめる施設が揃っています。

スライダーもたくさんあり、家族で楽しめる場所になっています。

 

もちろん他の施設である可能性もありますが、大阪市浪速区のプールを含むレジャー施設というと、他にはあまりないでしょう。

 

こちらには他にもスポーツジムやリラクゼーション施設が入っており、年間100万人が訪れる場所です。

今回は、プールの監視員の適切な対応によって、無事に痴漢の容疑者が捕まって良かったですね。

 

今回、なぜこれほど警察官の実名公表が早かったのでしょうか?

イメージとすると警察関係の不祥事の場合は、どうしても名前の公表が遅くなる傾向があるものです。

実は、今回岐阜県警の蓑島大平容疑者を逮捕したのは、大阪府警浪速署ということなので、別の県であったため公表が早かったのだと思われます。

またおそらく現行犯での逮捕であったため、公表せざるを得なかったという事情もあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

痴漢被害にあった女性は誰なのか?どんな人?

被害にあわれた女性は、21歳の若い女性とされています。

触られたのは、お尻ということなので、せっかくの日曜日の楽しい時間が嫌な記憶になってしまいました。

本当に、痴漢は最低の行為です。

 

21歳の女性が、PTSDのような症状が出ないことを願っています。

蓑島大平容疑者の画像

 

蓑島大平容疑者の画像はまだ公開されていませんが、

本日3日か4日には、公開されるので、引き続き公開を待ちます。

少々お待ち下さい

また今回の痴漢のケースから、プールの監視員さんたちの仕事が非常に貴重であることがわかりました。

きっと警察官を取り押さえるということは、とても難しかったと思います。

痴漢をした人物は、全力で逃げようとするものですし、相手が訓練を受けている警察官であればなおさらです。

 

スパワールドには本当に良い監視員さんがいること、またよく教育されていることが分かりましたね。

こうした痴漢被害が、このスパワールドでは減っていくことでしょう。

つづく

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事