非常に残念なニュースが入ってきました。

名古屋にある特別支援学校で、男性教師が生徒に暴力をふるっていたことがわかりました。

この男性教師の名前や、学校の名前について調べています。

また暴力の真相についても解説しています。

 

スポンサーリンク

特別支援学校の男性教師の名前とは(誰)?

 

特別支援学校で起きた事件としては、本当に最悪な「教師による生徒への暴力」が起きてしまいました。

今回暴力が起きたのは、名古屋にある特別支援学校です。

 

特別支援学校で働く男性教師が、男子生徒への暴力を行っていたことがわかりました。

 

暴力を受けていた生徒は、高等部3年の学生だったようで、繰り返し暴力を受けていたと言われています。

これは目撃者が多くいる案件のようなので、勘違いなどではありません。

 

ここで気になるのは、特別支援学校の男性教諭とはだれなのか?

ということですね。

現在のところ、この男性教師の情報が上がってきていませんので、これから分かりしだい、報告します。

 

それにしても、この男性教師の行った行為は、本当に最低のことであり、許されることではありません。

まず最初に、男性教諭の行なった行為、暴力について解説します。

 

男性教諭の暴力行為や問題行動(言動)について

 

高等部3年生の男子生徒への暴力的な行動や、人格を否定するような発言は、これまでも何度も目撃されていたということです。

障害を持っている子供たちが集まっている特別支援学校で、教師によるこうした行動や本当に大きな問題です。

 

子供たちを守る、特に障害を持っている子供を守るべき教師が暴力を振るうのは、許されない行為ですね。

障害を持っている子供の中には、通常の子供よりもずっと繊細な子供もたくさんいます。

だからこそ、言動にはより注意を払う必要があり、特別支援学校で働く教師にはそのレベルが求められることになります。

 

そんな中で、不適切な行為が行われていたわけです。

時には、ある生徒に対して「刃物で刺すように」と述べ、暴力を促すような言動もあったということです。

実際の暴力行為については、男子生徒の太ももを踏みつける行為、足を踏みつける行為が繰り返されていました。(以下の写真:その時の場面)

 

参照:東海テレビ

 

こうした男性教師の行動が、ビデオに収められていました。

その他には、生徒に対して「チビ」「デブ」というような、外見を見下すような発言を繰り返していたようです。

この男性教師の行動は、子供じみており、言い訳のしようもありません。

足を踏みつける、暴言(チビ、デブ)を吐く、こうした行為は元々許される行為ではない上に、子供のいじめでよく聞かれる行為です。

 

まして教師の立場にあるような人間のするとは言語道断です。 

 

スポンサーリンク

暴力行為が起きたのは天白養護学校!

 

参照:東海テレビ

 

今回特別支援学校の名前が判明しています。

学校の名前は「天白養護学校」というところです。

2018年の秋に行われた体育の授業がビデオに録画されており、その時に問題となっている教師が生徒の太ももや足を踏んでいる場面が映っていたということです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事