2018年9月6日の阪神VS広島戦が、ファンの乱入によって試合中断してしまった。

威力業務妨害によって逮捕されたのは、坂本英喜容疑者です。

坂本英喜容疑者とは誰なのか?画像や経歴、仕事や住所などについて解説します。

 

スポンサーリンク

坂本英喜容疑者のプロフや経歴、画像を紹介

 

坂本英喜容疑者のプロフィールについて最初にご紹介します。

 

名前:坂本英喜

年齢:65歳

住所:岡山県笠岡市笠岡

職業:自営業(おそらくラーメン屋さん)

 

広島VS阪神の試合が中断したのは、5回のことだった。

阪神の攻撃が行われていた時に、坂本英喜容疑者が急に1塁側のカメラマン席の屋根に上がり、叫び声を上げたようです。

 

参照:日刊スポーツ

 

参照:なんじぇいスタジアム

 

その事に気づいた審判が危険性を考慮して、一旦試合を中断させることになった。

試合が中断することによって、広島VS阪神の試合の進行は遅れてしまったため、通常の営業を妨げたということで、坂本英喜容疑者は「威力業務妨害」によって逮捕されることになりました。

 

住所は、岡山県笠岡市笠岡と言われています。

 

 

雰囲気から判断すると、坂本英喜容疑者は何度も野球の試合を見に来ているお客さんだったようですね。

 

後ろ姿の画像しか現在のところありませんので、この画像を現在はご紹介します

上記のように記載しましたが、可能性のある情報がありました。

笠岡駅前にある中華そば「坂本」が坂本英喜容疑者のお店ではないかと言われています。

二代目店主の名前が「坂本英喜」さんと記載されています。

参照:ぐるなびみんなのごはん

 

あえて言っておきたいと思いますが、坂本英喜容疑者が、こちらの店主の方であるなら、お酒を飲みすぎてしまっただけなのだと思います。

 

お店の情報を見てみると、とても優しい店主の方という評判が多く、お支払いもお客さんにお金を置いていってもらうだけのようです。

 

自分のところに来るお客さんを信じ切っているからこそ、できる支払い方法でしょう。

だからこそ、もしこのお店の方であるなら、今回のことは本当に残念ですが、あまり坂本さんを責めないでほしいと願ってしまいます。

 

常連のお客さんもたくさんいるようなので、きっと営業が傾いてしまうようなことはないと思いますが、引き続き美味しいラーメンを食べに行きたいですね。

 

 

 ではなぜ坂本英喜容疑者は今回、試合を中断させるようなことをしてしまったのでしょうか? 

 

坂本英喜容疑者が大声を上げて野球の試合を中断させた理由

 

野球の試合だけではなく、スポーツの試合を見ていると、非常に興奮してくるものです。

こうした興奮が絶頂に達すると、人は間違った行動を取ってしまうことがあります。

しかし坂本英喜容疑者は、今回こうした理由で試合を中断させてしまったわけではなかったようです。

 

坂本英喜容疑者は、当時「お酒」を飲んでいて、かなり酔っていたと言われています。

写真を見てみると、通常の行動ではないことが良くわかりますね。

本来は、こうした方ではなかったのでしょうが、お酒を飲み過ぎてしまうのは、避けた方が良いですね。

 

また取材席の上に立った当時、広島カープは阪神にリードを許していました。

坂本英喜容疑者は「広島カープがピッチャーを変えないため、腹が立ってしまった」と述べているようですね。

本当に広島カープが好きな方だったということでしょう。

カープ愛とお酒が相まって、今回のような騒動に発展してしまったわけですね。

 

今回の出来事で、普段からお酒をあまり飲みすぎないようにすることの大切さを改めて思い知らされました。

例え、良い評判のある方でも、一度でもお酒によって失敗してしまうと、それまでに築いてきた良い評判を全て失ってしまうこともあります。

お酒の量には、引き続き注意していきたいと思いますね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事