日本代表としてジャカルタのアジア大会に参加しているバスケ代表の4選手がJOC処分を受けた。

処分を受けた4選手の名前と所属先、さらにふさわしくない行為の詳細が判明。処分理由についても詳しく解説しています。

 

スポンサーリンク

JOC処分を受けた4選手の名前

 

橋本拓哉(23)大阪エヴェッサ

今村佳太(22)新潟アルビレックスBB滋賀レイクスターズ

佐藤卓磨(23)滋賀レイクスターズ

永吉佑也(27)京都ハンナリーズ

 

上記の4選手がJOCからの処分を受けることになり、それぞれ所属先チームの社長や代表取締役からの謝罪文が発表されています。

今回のふさわしくない行為によって、JOCによって資格剥奪となった。

代表選手として、致命傷とも言える処分内容となり、今後の選手活動にも大きな影響を与えることになるだろう。

 

ただし、バトミントンの桃田選手の例もあるので、あとは本人たち次第というところだ。

 

JOCが発表したふさわしくない行為の詳細

 

今回4選手が行ったのは、すでにお伝えしていたようにブロックMという歓楽街である。

しかし元々選手が行ったのは、食事を食べるためのレストランだったようです。

日本代表の服装だったことから考えて、レストランに行くために外出したということに嘘はないでしょう。

 

話によると、レストランで日系人に声を掛けられて、ブロックMについて紹介されたとのこと。

選手たちは、もともとブロックMがどのような場所なのか知識はなかったので、着いていってしまったようだ。

もちろん自覚があれば、事前に場所を確認する必要はあっただろう。

それも試合当日の行動であったとのことなので、次の試合に備えるのが、日本代表としての努めです。

 

しかし4選手は、誘われるままにブロックMに行き、現地日系人に紹介された店に行って、不適切な行為に至ったということです。

ブロックMの評判どおり、今回は女性を料金を支払ってお持ち帰りして、ホテルで行為を行なってから選手村へと帰宅したということです。

簡単に言えば、買春行為ということになるため、JOCとしても不問にふすことはできなかったということ。

 

これによって資格剥奪となり、日本代表としてプレーすることはできず、4選手とも帰国することになった。

以下の写真がある。

 

4選手の中には、27才の永吉佑也選手もいたわけなので、自重してほしかったところだ。

そのほかの3選手は23才ほどであるため、処分は仕方ないとしても、今後の道は残してほしいものです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事