相澤悠太容疑者による非常に痛ましい事件が起きてしまいました。

なんと仙台市の交番に勤務する警察官である清野裕彰巡査長殺害を刺殺する事件です。

容疑者も警察官も評判が良かっただけに、なぜ??という疑問が噴出しています。

今回は、相澤悠太容疑者の通う大学がどこにあるのか、名前はなにか?犯行の動機について解説します。

スポンサーリンク

 相澤悠太容疑者の大学はどこにある?名前は?

 

 

すでに相澤悠太容疑者が大学生であることは判明しています。

まずは相澤悠太容疑者のプロフィールについて解説します。

 

名前:相澤悠太

年齢:21歳

住所:仙台市宮城野区新田

家族:4人家族

大学:東北学院大学文学部で歴史学専攻

 

相澤悠太容疑者の通っている大学は、「東北学院大学文学部」であることが判明しました。

大学生が引き起こす事件も増えてきていますが、今回の事件の衝撃さは、相澤悠太容疑者が巡査部長の発砲によって死亡したことです。

 

では相澤悠太容疑者はどのような学生だったのでしょうか?

近所の方や同級生の意見を見てみましょう。

 

相澤悠太容疑者はどんな学生だったのか?

 

相澤悠太容疑者自宅の裏手に住んでいる80歳の女性は、非常にショックを受けており、次のように語っています。

 

ショックでまだ信じられない。人違いであってほしい

おとなしいけれど、礼儀正しい子だった

 

小学校の同級生だった女性は、

あまりしゃべる方ではなかったと語っています。

このような証言から見てみると、自分から進んで他人とコミュニケーションを取るのが難しいものの、いたって普通の学生として育ったようです。

 

一見すると普通の子が引き起こす事件!

 

このようなコメントを本当によく聞くようになりました。

確かに頭に血が登ってしまうと、自分で感情をコントロールするのが難しくなることもあります。

そう言えば私も学生のころに、そんな経験をしたことがあります。

 

自分では、感情のコンロトロールをできているつもりでしたが、ある時爆発してしまったことがあります。

 

もちろん相手を殴ったり、傷つけたりしたわけではありません。

しかし相手にかなりひどい言葉を言ってしまいました。

後になって後悔しましたが、一度出してしまった心からの言葉は消すことができませんでした。

 

ちょっと嫌な記憶ですが、今回の事件で思い出しました。

その時どうしても許せなかったのは、何度も嫌な言葉を掛けられて、それを止めて欲しいと言ったにも関わらず、一向に変化がなかったことです。

それは外見上のことであり、現在でも許されるような言葉ではありませんでした。

 

そんな言葉を掛けられること10回以上で、私の堪忍袋の尾が切れてしまいました。

1度や2度は許せても、何度も繰り返されてしまうと、耐えられなくなることもありますよね。

では今回の相澤悠太容疑者はなぜ警察官である巡査長を刺してしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

 相澤悠太容疑者が清野(せいの)裕彰巡査長を傷つけた理由(原因)真相とは

今回相澤悠太容疑者が事件を起こした背景は次のようなものです。

「現金を拾った」として仙台市の交番を訪れていました。

 

事件現場になった仙台市の交番は、

仙台東警察署 東仙台交番です。

 

報道の中には、拳銃を奪うつもりであったというものもありましたが、実際のところははっきりしていません。

相澤悠太容疑者が、清野(せいの)裕彰巡査長に刃物を刺した後に、モデルガンのようなものと刃物を向けて立ち上がったため、別の男性巡査部長が発砲することになりました。

お金を拾ったとして交番に来て時には、刃物を持っており、もう1人の男性巡査部長が席を外した時に、犯行に及んだところからすると、可能性として清野裕彰巡査長が狙いであった可能性も否定できません。

 

いずれにしても相澤悠太容疑者本人も死亡したため、真相が明らかになるのは難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事