スポンサーリンク

自分でもできる花粉対策とは

花粉症で重要なのは、花粉が飛散する前に病院に行き、医師の診察を受けて適切な対応を教えてもらうことです。
とはいえ、自分でもできる花粉症対策があるので、医師と相談しながら実践してみましょう。

基本的な花粉対策

まずは基本的な花粉症対策方法を見てみましょう。

花粉情報をテレビニュースやネットでチェック

花粉が飛び始めても、毎日花粉の量が同じというわけではありません。
花粉が多くなる日は特徴があり、それらの日に普段以上の注意を払うなら、良い対処ができるようになります。

・湿度が低く、カラッとしている天気
・前日に雨が降った
・風が強い
・気温が高い
・天気が晴れている

こうした日は、基本的に花粉の飛散量が増えてきますので、外出時には注意するようにしてください。
外出前の、花粉飛散量のチェックは忘れずにしましょう。

外出時にはなるべく肌を出さない

ほとんどの方は、花粉が飛んでいても外出しなければならない事情もあるでしょう。
もちろん用事がないなら外出をしないのが、花粉症対策として最善ですが、なかなかそうはいかないものですよね。
ですから外出する時は、花粉対策用のマスクやメガネ、また帽子やマフラーを着用して、肌の出ている部位を少しでも減らすようにしましょう。

そして冬や春の時期にはコートを着るのも効果的な方法ですが、なるべくツルツルした生地のコートの方が花粉が付きづらいのでおすすめです。
人によっては、通常のマスクを着用しておられる方もいますが、やはり花粉用のマスクの方が効果的です。

自宅に帰ってきたら、花粉を自宅に入れない

外出先から家に着くと、やっと花粉から解放されると気が緩んでしまうかもしれませんが、最後まで花粉対策を怠らないようにしましょう。
身に付けていた洋服にはたくさんの花粉が付いているので、自宅に入る前にすべての花粉を外で払い落とすようにしてください。

花粉ごと家に入ってしまうと、花粉症が自宅内でも続いてしまいます。
そして家の中に入ったら、まずはうがいと手洗いをして全ての花粉を洗い流すようにしてください。
理想的には、最初にお風呂に入り、髪の毛の中に入っている花粉も洗い流してしまう方が効果的です。

家で行う花粉対策

自宅にいる時にも、自分でできる花粉対策がありますので、試してみてください。

掃除をこまめに行って花粉対策

どんなに注意をしていても、花粉はどこからから進入してくるものです。
ですから掃除をこまめに行って、少しでも花粉を除去できるようにしましょう。
掃除機が花粉に対応しているようなタイプのものが理想的で、さらに排気が少ないタイプであれば家の花粉が舞い上がるのを防ぐこともできます。

家がフローリングの場合は、毎日床を磨くようにすることも花粉対策として有効です。
また花粉の飛散が多い日は、必ず窓が空いていないのか確認するようにしてください。

布団は外に干してはいけない

 

気持ち良く就寝するためには、布団を干したくなるかもしれませんが、一度でも干してしまうなら花粉が内部に進入してしまいます。
とはいえ、花粉の飛散時期については数ヶ月になるため、ずっと布団を干さないわけにはいかないですよね。
どうしても布団を干す場合は、花粉の飛散量が増える午後ではなく、なるべく花粉が付かないように午前中に布団を干してください。
最も理想的な花粉対策は、布団乾燥機などを利用する方法です。

就寝前には、布団やまくらの表面についている可能性がある花粉を取り除くようにしてから寝るようにしてください。
タオルに水を染み込ませて、軽く布団やまくらの表面を拭くだけでも十分効果があります。

自分でできる花粉対策のまとめ

このように花粉対策として、自分でもできる事はたくさんあります。
1つ1つの事に注意していくと、本当に疲れるものですが、それでも花粉に悩まされるよりもずっと良いでしょう。
なぜ花粉症が起きるのか、花粉症のメカニズムを理解するなら、自分でも花粉症対策ができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事