■厚生労働省から発表された注意喚起

スポンサーリンク

花粉症の方がスギ花粉を含む食品を食べても良いのか

花粉症に悩んでおられる方の多くは、少しでも症状が軽くなってほしいと思い、スギ花粉を含む食品を購入されるかもしれません。
スギ花粉を含む食品を食べることで、体が花粉に慣れ、花粉症の症状が軽くなると説明している商品もあります。
確かにワクチンのような使い方であるため、一見すると道理にかなっている理論に聞こえるかもしれません。

サプリ.jpg

しかしスギ花粉を含む食品を食べることについて、厚生労働省から注意喚起がなされているので、注意してください。
厚労省による注意喚起 詳細

スギ花粉症の人が摂取する危険性

厚労省のHPでは、要約すると次のような注意喚起がされていました。

「スギ花粉を含む食品を、スギ花粉症の方が食べると、花粉症の症状がよりひどくなってしまったり、ひどいアレルギー反応が起きることがあります
重い症状が出た場合、呼吸困難や意識障害、血圧低下といったものも含まれています。」

「少量のスギ花粉しか含まれていないので問題ないと思われるかもしれませんが、アレルギー症状をお持ちの方は、少量であってもアレルギー反応が起きることがあります
普段は症状が出なかったとしても、体調が優れない時などに重い症状が出てしまう危険性もありますので注意してください」

つまり少量のスギ花粉を含む食品であっても、スギ花粉症をお持ちの方にとっては、アレルギー反応を起こすのに十分な量になる場合もあるということです。
アレルギーは、非常に繊細な病気になるため、たとえ本人であったとしても、大丈夫か大丈夫ではないかの判断を下すのは難しいものです。
ですから、もしスギ花粉を含む食品を試したいと思っておられるのであれば、医師にきちんと相談する必要があります。

スギ花粉を含む食品を摂取するよりも安全な方法

スギ花粉を含む食品を食べる目的は、体がスギ花粉に慣れるようにするというものでしょう。
もしこの目的でスギ花粉を含む食品を食べようと思っているのであれば、もっと良い方法があるのでご紹介します。
それは病院で、免疫療法舌下免疫療法という治療方法を受けることです。
スギ花粉を少量だけ体内に注射などによって体内に注入するという方法なので、理論的には食品を摂取するのと似ています。
免疫療法の方が早くから使われている方法であり、近年始まった新しい治療法が舌下免疫療法です。

理論的には似ていても、医師の管理や指示の下で行うという点で、スギ花粉を含む食品を食べるのとは全く異なっています。

医師.jpg

厚労省が述べているように、スギ花粉症の方がスギ花粉を含む食品を食べると、重篤な症状が出る可能性も否定できないため、摂取は控える方が賢明です。
危険なのは、自分で大丈夫だと判断してしまうことです。
やはりきちんと医師に相談しながら、治療を行うようにしてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事