花粉症と頭痛は無関係なのか

花粉症というと、くしゃみや涙、鼻水といった症状がすぐに思い浮かぶかもしれません。
しかし花粉が飛散する時期に、いつも頭痛がするという方もおられるようです。
多くの方は、花粉症と頭痛には関連性がないので風邪をひいたのだろうと考え、そのままにしてしまうようです。
しかし花粉症によって頭痛が生じることがあるので、注意するようにしてください。
もちろん花粉症のメカニズムを理解することも重要です。

頭痛.jpg

花粉症と頭痛の関連性

花粉症によって頭痛が引き起こされる原因はいくつかあります。
・睡眠不足や疲労による頭痛
・副鼻腔炎による頭痛
・鼻詰まりによる頭痛

花粉症が重症化してくると、くしゃみや鼻水によって普通に睡眠を取ることが難しくなってきます。
人は寝ている時は、鼻呼吸になるのが一般的ですが、花粉症の症状によって鼻がつまり寝苦しくなってしまうわけです。
呼吸が上手くできなくなると、睡眠時に脳への酸素供給が上手くいかず、脳が酸欠状態になってしまいます。
結果として花粉症によって睡眠不足になってしまい、脳が酸欠状態、睡眠不足によって疲労回復ができず、頭痛が発生するようになります。

yawning-1895561_640.jpg

副鼻腔に鼻水が溜まってしまうと、そこから副鼻腔炎が起きることがあります。
副鼻腔炎になると、額の当たりに痛みが生じることもあるため、頭痛の原因が花粉症による副鼻腔炎の可能性も否定できません。
もちろん頭痛の原因が花粉症であると断定できるわけではないものの、原因不明の頭痛に悩まされている場合は、病院に行って頭痛の原因を尋ねてみるようにしてください。

頭痛に悩まされる時の対処法

花粉症によって頭痛が引き起こされる原因は、鼻詰まりによる疲労や睡眠不足やストレスでしょう。
ですから一番良いのは、抗アレルギー薬を飲むという方法です。
これは市販の薬でも、処方薬でも構いませんので、抗アレルギー薬を試してみると、鼻詰まりが治り、頭痛も解消するかもしれません。

他にも浴槽でマッサージをするのも効果的です。
体の先をよくマッサージすることで、全身の血行が良くなり、血行の改善は安定した睡眠へとつながります。
もしお風呂にゆっくり入る時間がないのであれば、濡らしたタオルを電子レンジなどで温めてから、首の後に当てることでも同じような効果を期待できます。

s-7c7307dd1c6c47fa0bd28ae945f11d83_s.jpg

もう1つの方法はアロマオイルを使用することです。
ペパーミントの香りは、気分を爽やかにしてくれるため、安眠へとつながります。
また香りの中には、炎症を抑えるような効果が期待できるものもあるので、副鼻腔炎への効果も期待できるでしょう。

もっとも良い方法としては、花粉症によって頭痛が起きる前に、免疫療法舌下免疫療法などによって花粉症の症状を軽くする方法を試してみることです。

いずれにしても医師による診断を1度受けてみて、頭痛の原因について調べてみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事