スポンサーリンク

2018年の花粉飛散予想

気象庁によって2018年の花粉飛散予想が出されました。
スギ花粉のピークは、早い順から並べると、
福岡 :2月下旬から3月下旬
高松 :3月上旬
広島 :3月上旬
大阪 :3月上旬
名古屋:3月上旬
金沢 :3月中旬
仙台 :3月中旬
東京 :3月上旬から4月上旬まで
以上のように予想されています。

花粉がいつまで飛散するかは地域によって異なるもの

lime-blossom-115214_640.jpg
花粉の季節が始まると、外出するのも辛くなるものです。
花粉はいつまで飛んでいるのかと、毎日のように花粉情報にかじりついているかもしれません。
花粉がいつまで飛散しているかは、地域によって異なっているものです。
その理由は、日本は小さな国土であるものの、それぞれの土地によって気候が大きく異なっているからです。
エリアごとに花粉がいつまで飛散するのかご紹介します。
pussy-willow-292304_640.jpg

スポンサーリンク

地域ごとの花粉飛散時期

北海道の花粉はいつまで

北海道で花粉が飛び始めるのは、3月に入ってからで、最初に飛び始める花粉は、ハンノキ花粉とスギ花粉です。
ハンノキ属の花粉は3月から5月後半まで、スギ花粉は3月から5月前半までとなっています。
4月に入ると、ヒノキ科花粉と、シラカンバ属花粉の飛散が始まり、6月末まで続きます。
5月に入るとイネ科の花粉が飛散し始め、9月まで花粉の季節となります。
北海道はもともと花粉が本州に比べると多くないものの、3月から9月まで何らかの花粉が飛んでいます。

東北地方の花粉はいつまで

東北地方で最初に花粉が飛び始めるのは、ハンノキ属花粉で1月後半です。
ハンノキ属の花粉の飛散時期は長く、1月中旬から6月の後半まで飛び続けます。
続いてスギ花粉の飛散が、1月後半から6月後半まで続き、ピークは2月後半から4月中旬です。
ヒノキ属の花粉は3月後半から5月後半、シラカンバ属の花粉は4月前半から6月後半まで飛散が続きます。
花粉の飛散期間が長いものは、イネ科の花粉であり、飛散時期は3月後半から10月後半まで飛散しています。
ブタクサ属、ヨモギ属、アサ科の花粉は、8月中旬から10月後半までとなります。
東北は自然が豊かであるため、1月後半から10月後半まで、各種植物の花粉が飛散しています。

関東地方の花粉の花粉はいつまで

関東はとにかく花粉の飛散量が非常に多い場所として知られています。
花粉の季節の始まりは、1月の中旬よりハンノキ属、スギ花粉、ヒノキ科花粉の飛散が始まってきます。
どの花粉であっても6月中には、花粉の飛散が終わりますが、スギ花粉のピークは2月から4月後半までの期間が長いのが特徴です。
スギ花粉と同時進行で、ヒノキ花粉が3月と4月にピークを迎えます。
スギ花粉とヒノキ科花粉が収まりを見てきる5月中旬には、イネ科花粉の飛散がピークを迎えるようになり、6月いっぱいまで続いていきます。
8月になると春から続く花粉の影響はほとんどなくなるものの、ブタクサ、ヨモギ属、アサ科の花粉の飛散が始まり、11月中旬まで続きます。
つまり関東では1月には花粉の飛散が始まり11月中旬まで続くことになります。

東海エリアの花粉はいつまで

東海エリアは、植物の種類が関東などと比べると少ないため、花粉の飛散量も少なくなります。
しかし時期的なものに関しては関東と似ており、ハンノキ属、スギ科、ヒノキ科の花粉は1月から4月中まで続き、ピークは2月後半から3月の中旬までです。
イネ科の花粉は3月後半から始まり、10月中まで続きますが、花粉量はそれほど多くありません。
東海地方では、花粉の飛散時期は1月から10月まで、やはり1年中続いていることがわかります。
しかし絶対的な花粉量が少ないため、過ごしやすい場所と言えるでしょう。

関西エリアの花粉はいつまで

関西地方の花粉飛散時期は、ハンノキ属の花粉から始まり、同時期にはスギ科とヒノキ科の花粉が1月から5月にかけて飛散しています。
スギ科花粉のピークは2月後半から4月前半までであり、ヒノキ科の花粉は4月の後半までピークが続きます。
ブタクサ花粉飛散は2月から始まっており、ピークを4月後半から5月中旬と8月から9月後半まで2回迎えます。
ヨモギ属の花粉が11月まで飛散していますので、関西地方では花粉は1月から11月までと、非常に長い期間に渡って飛散を続けます。
しかしスギ花粉のピークは、2月後半から4月前半までで、関東よりも短いという点は特徴となるでしょう。

九州地方の花粉はいつまで

九州地方では、最初に飛散するのはスギ科の花粉であり、1月の前半から5月前半まで続き、ピークは2月後半から3月の中旬までとなります。
スギ花粉のピークと、ヒノキ花粉のピークは重なっており、3月の前半から4月の中旬までがヒノキ花粉のピークです。
両者とも、5月後半までは花粉が飛散し続けるので、その間はマスクを着用してお出かけください。
イネ科の花粉は2月から飛散を始め、4月後半から6月中旬までにピークを迎えて、11月まで続きます。
やはり関東と比べると、花粉飛散ピークの期間は短いものの、1月から11月までの期間何らかの花粉が常に飛び続けているという状態でしょう。

花粉はいつまで飛んでいるのか-まとめ

花粉が飛散する期間は、植物の種類や気候によって異なっています。
それぞれの土地で発表される飛散時期や量に関するニュースをチェックして、花粉症対策をするようにしましょう。
花粉のメカニズムを理解すること、どのような対策方法があるのかを知ること、こうした点がとても重要になります。
花粉症の対策として、免疫療法舌下免疫療法といった新しい対処方法もあります。
また花粉対策の薬を飲む場合は、医師や薬剤師に相談することも大切です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事