更新
花粉症の症状が深刻ではない段階であれば、マスクなどの対策で十分かもしれません。
しかし症状が深刻になってくると、外出など通常の生活も難しくなってくるため、花粉症の薬を飲んで、花粉症対策をされる方もいるでしょう。
また病院に通って、免疫療法を受ける方もいるかもしれません。
今回は市販薬と処方薬の違いについて説明します。
花粉症の市販薬と処方薬の違い
◯抗ヒスタミン剤の第1世代と第2世代の違い

主に使われている花粉症の薬は、「抗ヒスタミン剤」と呼ばれているものです。
抗ヒスタミン剤は、「第1世代」と「第2世代」という2種類があり、市販薬では主に第2世代が使用されています。
まず第1世代と第2世代の違いを説明すると、第1世代は主に「アレルギー反応への効き目が良い」という特徴があります。
その理由は、「ヒスタミンの作用を防ぐ」という働きがあるためです。
しかしその分副作用も強く、第1世代を服用すると激しい眠気を感じる事もしばしばです。
それに対し、第2世代は、ヒスタミンの作用を防ぐよりは、「ヒスタミンが放出されないようにする働き」があります。
つまり第2世代は、花粉症が起きていない時期から服用することで、花粉症の症状が軽くなるようにできる効果が期待されています。
そして第2世代の方が、副作用が少ない薬になっているため、第1世代よりも眠気を感じにくくなっています。
花粉症への予防や眠くなりにくい花粉症の薬を探している方は第2世代、眠気を感じても効き目を求めたい方は第1世代と理解できるでしょう。
◯花粉症の市販薬とは
市販薬.jpg
市販薬の花粉症で主に使われているのは、第2世代の抗ヒスタミン剤です。
口の渇きを感じにくい、眠気を感じにくいという特徴があります。
とは言え市販薬の中にも第1世代の抗ヒスタミン剤がありますし、第2世代の花粉症の薬でも効果や副作用に幅があるので、薬局の薬剤師の方と相談して購入を決めるようにしてください。
◯花粉症の処方薬とは
処方薬は病院で処方される薬になりますが、主に使われる薬は市販薬と同じく第2世代の抗ヒスタミン剤になります。
ですから処方薬とはいえ、使われている成分などは市販薬と大きく異なるわけではありません。
しかし医師が処方できるため、第2世代の中でも新しい抗ヒスタミン剤を使えるのが処方薬です。
しかし医師の診察を受けてから、症状に合わせて医師が花粉症の薬を決めてくれるため、よりピッタリの抗ヒスタミン剤を選んでくれます。
処方.jpg
また市販する事はできないような花粉症の薬もあります。
例えば、抗ロイコトリエン薬や経口ステロイド薬といった、比較的症状が重い方が使用する薬は、薬局では手に入らないタイプです。
◯花粉症の市販薬と処方薬の大きな違い
・病院で処方される薬の方が最新の抗ヒスタミン剤
・医師による診断があるため、自分に合う花粉症の薬をもらえる
・病院でしか処方できない薬もある
・健康保険が使えるため、処方薬の方が安くなる
この4点が花粉症の処方薬と市販薬の大きな違いになります。
花粉症用の薬の豊富さという面で、処方薬は市販薬よりも優れていると言えるでしょう。
処方薬.jpg
薬局でも薬剤師による援助を受けることはできますが、やはり医師による診断以上のサポートは受けられないと考えるべきでしょう。
そして最も大きな違いは、花粉症用の「薬の値段の違い」になります。
30日以上花粉症の薬を服用する場合、病院での診察料を含めても、病院の処方薬の方が安くなるでしょう。
花粉症の期間は、基本的に1ヶ月では終わらないので、市販薬は処方薬がなくなった時のための保険として購入するようにできるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事