今年の夏は猛暑と予想されていますね。
猛暑になると熱中症が心配になりますが、同時に冷房病という症状にも注意しなければいけません

41634244564.jpg

熱中症は聞いたことあるけど、冷房病ってなに?

_1519812051.75786_974.jpg

夜、寝る時に冷房を低めに設定して

寝てしまうと起きるのが冷房病ですよ。

スポンサーリンク

冷房病とはどのような病気なのか

熱帯夜で寝られない方が冷房を強めに設定したまま寝てしまうと体に不調を感じるものです。
症状にはいろいろありますが、以下のような症状が出ているなら、冷房病と言えるかもしれません。

・めまい
・倦怠感
・吐き気

_1519812051.75786_974.jpg

これらの初期症状に気づかず、そのまま寒い部屋で

寝ていると症状が徐々に悪化していくんですよ。

冷房病が悪化すると起きる症状

・低体温症
・肝機能の低下
・全身の熱が奪われてしまう
・心臓や肺などの臓器機能が低下

 

ここまでの症状が出てしまうと生命の危険もあるため、初期症状の段階で冷房病の症状を改善するようにしましょう。
低体温症が起きてしまっているなら、体を温めるためにできることをしましょう。

冷房病を改善するためには、温かいお湯を飲むことや部屋自体を暖かくすることが重要です。
冷房病の初期症状である、めまいや吐き気や倦怠感は熱中症にも見られるため、熱中症だと思い冷房を強くしてしまったため重症化することもあるので、注意が必要です。
調子が悪くなってしまったら、早めに病院に行くようにしてください。

特に子供たちは体温調節機能が成長中であるため、部屋の冷やしすぎには注意してください。
通常温度調節機能も体の成長と共に成長するものですが、部屋が冷えすぎていると、体温調節機能自体が成長しづらくなる恐れもあります。
子供の頃は汗をかくことで、汗腺が発達して体温調節ができるようになりますので、冷やしすぎには注意してくださいね。

41634244564.jpg

じゃあ、エアコンはどれくらいの温度が良いの?

エアコンの温度は26℃~28℃が理想的

8c69cdc9eb6a1cfd2748f06e5d74e8cd_s.jpg

熱帯夜で寝苦しい日は、熱中症対策としてエアコンの設定温度を26℃~28℃に設定して寝るのがおすすめです。
涼しいとはならないかもしれませんが、寒いと感じることもないでしょう。
つまり体にとって、ちょうど良い温度であるということです。

また就寝時だけでなく、昼間のエアコンの設定温度にも注意してください。
熱帯夜にエアコンをつけっぱなしにしている意外でも、外気との気温差がありすぎると、体に不調を感じるようになります。
自律神経は、急激に温度が5℃以上変わると対応できなくなると言われているため、外気との温度差を5℃以内に保つことも良い方法ですね。

冷房病のまとめ

熱中症対策としてエアコンを使用するのは、とても優れた方法です。
しかし熱帯夜に設定温度を低くしてしまうなら冷房病になることもあり、重篤な症状になることもあります。
寝る時のエアコン温度は26℃~28℃に設定するようにしてください。
26℃~28℃は、体にも良いですが、お財布にも良いので、ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事